映画『エイリアン: コヴェナント』レビュー

映画

こんにちは。臘月堂(@Lowgetsudou)です。

今日は『エイリアン: コヴェナント』の話。

作品情報

エイリアン: コヴェナント

(原題:Alien: Covenant)

  • 製作:2017年/アメリカ・イギリス/122分
  • 監督:リドリー・スコット
  • 出演:マイケル・ファスベンダー/キャサリン・ウォーターストン/ビリー・クラダップ/カルメン・イジョゴ
  • 脚本:ジョン・ローガン
  • 撮影:ダリウス・ウォルスキー
  • 編集:ピエトロ・スカリア
  • 音楽:ジェド・カーゼル

予告編

レビュー

前作『プロメテウス』で提示された「親殺し」というテーマを、いっそう深く掘り下げたのが本作だ。

冒頭からワーグナーフランチェスカの絵画にダビデ像と、ペダンチックで大仰な象徴アイテムのたたみかけ。

続いてバイロンシェリーベクシンスキーポンペイ大噴火と、リドリー・スコットの老いてなお盛んな美意識がこれでもかと詰め込まれた2時間に、最後まで気圧されっぱなしだった。

監督の「ヴァルハラ(わしの脳内)にようこそ!」という声が聞こえてくるようだ。

「エンジニア > 人間 > アンドロイド > エイリアン」

という主従関係は、

「造物主 > 被造物1 > 被造物1が生んだ被造物2」

という本質に当てはまる。

それは本作の下敷きになった色々な物語とも一致する要素だ。

例えば

ミルトン『失楽園』における

神様 > サタン > 人間

の関係

②シェリーの奥さんメアリ・シェリーが著した『フランケンシュタイン博士の怪物』における

神様 > 人間 > 博士の怪物

の関係

③ギリシャ神話の

ゼウス > プロメテウス > 人間

の関係

『2001年宇宙の旅』における

宇宙人 > 人間

の関係

⑤ヴォネガット『スローターハウス5』などに登場する

トラルファマドール星人 > 人間

の関係

⑥ハインライン『幼年期の終わり』における

オーヴァーマインド > オーヴァーロード > 人間

の関係

など枚挙に遑がない。

リドリー・スコットが製作に回った『ブレードランナー2049の監督ドゥニ・ヴィルヌーヴも同じテーマを扱っている。

テッド・チャン原作『メッセージ』

ヘプタポッド > 人間

の関係がそうだ。

グノーシス思想やボルヘス『円環の廃墟』などもベースにあるだろう。

『コヴェナント』におけるエイリアンは

「現行の社会秩序をおびやかす得体の知れない存在」

としての"子供"を、旧体制の安寧に浴する"大人"の目線から、シンボリックに表現した存在と言える。

(血まみれグチョグチョ内臓ドバドバ描写が続くためテーマを忘れそうになるが)

『オーメン』のダミアン

『エクソシスト』のリーガン

『ローズマリーの赤ちゃん』の赤ちゃん

『イレイザーヘッド』のスパイク

などと同じくゼノモーフのヴィジュアルもまた、

「支配者側の主観ではこんなにグロテスクに見える」

という、表現主義的な意味を見出すことも可能だ。

(デザインしたギーガーがそんな事を考えていたかは別にして)

多くが反体制側の目線から描かれるアメリカンニューシネマとは逆の視点。

そして「エイリアン = レプリカント」という構図もまた今作でハッキリしたわけだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました