映画『ブレードランナー 2049』レビュー

未分類

こんにちは。臘月堂(@Lowgetsudou)です。

今日は『ブレードランナー 2049』の話。

作品情報

ブレードランナー 2049

(原題:Blade Runner 2049)

  • 製作:2017年/アメリカ/163分
  • 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
  • 出演:ハリソン・フォード/ライアン・ゴズリング/アナ・デ・アルマス/シルヴィア・フークス/ロビン・ライト/ジャレッド・レト
  • 脚本:ハンプトン・ファンチャー/マイケル・グリーン
  • 撮影:ロジャー・ディーキンス
  • 編集:ジョー・ウォーカー
  • 音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ/ハンス・ジマー

予告編

レビュー

『ブレードランナー』のレプリカントである今作をどう観るか?

その問いは作品への評価や好き嫌い以前に、受け手の価値基準をあぶり出すVKテストとしての意味合いを持つ。

物事を恣意的に区別すること、特に「オリジナルとコピー」という区別をつけること。

さらには、いわゆる"オリジナル"を価値基準の中心点に置いてしまうこと。

肯定的にせよ否定的にせよ、

「1作目と比べてどうこう」

その発想の立脚点を離れない限り、人間とレプリカントが身をもって示したテーマは無駄になってしまうのだ。

チワワを「チワワだから」という理由でいじめるブルドッグがいるだろうか?

「作り物だから」という理由でアイボをいじめるイヌがいるだろうか?

しかし

「人種・宗教が違うから」

「男だから女だから」

「若いから年寄りだから」

という理由で他者を冷遇する人間はそこら中にいて、

「しょせんはカバー曲だから原曲は越えられない」

などの"オリジナリティ"至上バイアスで価値判断を曇らせる人も後を絶たない。

両親のDNAをコピーして生まれた以上

「自分が誰かや何かのレプリカントじゃない」

と言い切れる人間なんか一人もいないはずだし、

やれ「人間だ、いや模造人間だ」、そんな外的な要因で人間の価値は決まらない。

今作のラストは

「人の価値は他者を利することで定まる」

という、『第七の封印』でアントニウスがたどり着いた真理と同じメッセージを提示しているように思えた。

もう一つ。

前作でルトガー・ハウアー扮するロイ・バッティが遺した言葉

「すべての思い出は時の中に消えてゆく。雨の中の涙のように」

諦念をたたえたこの遺言に対し、ドゥニ・ヴィルヌーヴは『メッセージ』で既にポジティブなアンサーを返していたのだと気付く。

「人の想いや行動は決して消えることはない。過去も現在も未来もなく、すべての時は繋がっているのだから」

コメント

タイトルとURLをコピーしました