映画『ライ麦畑で出会ったら』レビュー

映画

作品情報

ライ麦畑で出会ったら

(原題:Coming Through the Rye)

  • 製作:2016年/アメリカ/97分
  • 監督・脚本:ジェームズ・スティーヴン・サドウィズ
  • 出演:アレックス・ウルフ/クリス・クーパー
  • 撮影:エリック・ハート
  • 編集:トッド・ホームズ

予告編

レビュー

こんにちは。臘月堂(@Lowgetsudou)です。

「サリンジャー に出会うまでのシーンは85%事実だ

「だが、サリンジャー に会ってからのシーンは99%事実だ」

とジェームズ・スティーヴン・サドウィズ監督自身が語る、実体験を元にした青春ロードムービーです。

兄弟の絆、愛する人の喪失、心の傷からの解放をサブテキストに忍ばせた脚本が

『スタンド・バイ・ミー』『普通の人びと』を思わせホロリ。

『ウォールフラワー』『ものすごくうるさくてありえないほど近い』なども近い主題ですが、

今作はそれらの作品に比べて目立つユーモアが、いっそう悲哀を際立たせています。

主人公が『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の舞台化を実現しようと熱心なのは、

自分のためだけじゃなかったと分かる展開は胸が熱くなります。

「仲間や大事な人が道を踏み外すのを止めたい」

「この作品を広めることで、そう考える人が増えてほしい」

ホールデンの魂の本質は

常識にNOを叩きつける事でも、

ドロップアウトを肯定する事でもなく、

誰かを守ること。

それを地で行く主人公の根性と執念に賛辞を!

後半のクライマックスで

(横断歩道のBGMでおなじみ)

ロバート・バーンズ作詞の「Comin Thro' the Rye」が流れる演出も切なさを掻き立てます。

ところで

『アメリカンビューティー』
『遠い空の向こうに』
『雨の日は会えない、晴れた日は君を思う』

などもそうですが、

クリス・クーパー以上に「気難し屋の中年男性」が似合う俳優はいない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました