映画『想いのこし』レビュー

映画

作品情報

想いのこし

  • 製作:2014年/日本/120分
  • 監督:平川雄一朗
  • 出演:岡田将生/広末涼子/鹿賀丈史
  • 原作:岡本貴也『彼女との上手な別れ方』
  • 脚本:岡本貴也/HARU
  • 音楽:松谷卓

予告編

レビュー

こんにちは。臘月堂(@Lowgetsudou)です。

いわゆる泣ける映画はしばしばアダルトビデオに例えられます。

今作もまた、サクッと涙欲を満たしてスッキリしたい時に重宝する映画です。

とりわけ

「幽霊が宿願を遂げて成仏」

という物語の型は人を泣かせるに便利が良すぎて、

『ゴースト ニューヨークの幻』
『椿山課長の七日間』
『あの花』
『幽霊人命救助隊』

など枚挙にいとまがありません。

せっかく脚本や演出や演技などが良くても、

「いやこの設定と展開じゃ泣かざるを得ないじゃん」

と軽く見られがちなため、諸刃の刃になりやすいのが困りどころ。

ピンの料理もキリの料理も、味の素をドバドバ混ぜると本能的に「美味い」と感じてしまうのと同じです。

コーラを使ったカクテルは作り手の個性や技術が出しにくいためバーテンダー泣かせと言われますが、それとも近い現象。

『想いのこし』もまた「味の素」の量が半端でないので、

"泣かせ方マニュアル"

"涙を絞りとる100の方法"

などのサブタイトルを付けて、脚本家志望者が教科書として活用するのも良いでしょう。

ラストシーンの鳥も、どうせやるなら

「4羽の小鳥が一緒に飛び立ちカメラが空にパンしてEND」

くらいコッテコテにしちゃえば良い。

とにかく僕が言いたいのは「広末は最高」ということだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました