映画『マグノリアの花たち』レビュー

映画

こんにちは。臘月堂(@Lowgetsudou)です。

今日は『マグノリアの花たち』の話。

作品情報

マグノリアの花たち

(原題:Steel Magnolias)

  • 製作:1989年/アメリカ/116分
  • 監督:ハーバート・ロス
  • 出演:サリー・フィールド/ドリー・パートン/シャーリー・マクレーン/ダリル・ハンナ/オリンピア・デュカキス/ジュリア・ロバーツ/トム・スケリット/サム・シェパード
  • 原作・脚本:ロバート・ハーリング
  • 撮影:ジョン・A・アロンゾ
  • 編集:ポール・ハーシュ
  • 音楽:ジョルジュ・ドルリュー

予告編

レビュー

6人の女性たちがガールズ(熟女ズ?)トークに花を咲かせる美容室のくだりまで

「もしや最後まで毒にも薬にもならない友情ドラマが続くのか。。。?」

と心配になる。

しかし、長女(ジュリア・ロバーツ)が低血糖発作を起こすシーンが鬼気迫る演技で、そこから気付けばのめり込んで観ていた。

『パニック・ルーム』でも同様のシーンがあって怖かったなあ。

それから『プレイス・イン・ザ・ハート』『アメイジング・スパイダーマン』など

「苦悩する熟年主婦 or 未亡人」

の役が印象深いサリー・フィールドが、難病の娘に愛情をそそぐ優しいお母さん役で光っている。

気難し屋のシャーリー・マクレーンおばちゃんもツンデレ全開で良い。

ダリル・ハンナが狂信的な福音主義に傾倒していく設定も不穏で良い。

「頭がおかしくなったのか。。。?」

とザワザワ不安にさせるも、最後には話が綺麗に着地。

盲信のあまり『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・ダノ君みたいな結末を迎えなくて良かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました